Entries

ストラクチャーはクロス。

板のソールのストラクチャーのお話です。

02July09000000000000007.jpg

写真の板のソールのストラクチャーは、

例のクロス。

ここ数年は、このパターンが1番みたい。

1月~3月上旬は、

かぐらではいい感じで滑りました。

寒くてもOK、

むしろ寒いほうがOK。

ま、使うワックスにもよるけどね。

一昨年くらいから、

かぐらは、雪の温度と湿度が上昇の傾向。

だからクロスがいいのでしょうか。


良く見えます?

これがクロスです。

ピッチも狭く、

深さ&太さも細かいのが特徴ですな。


02July09000000000000003.jpg

フラッシュが光ったほうが良く写りますね。

02July09000000000000004.jpg

ソールの端のエッジに細かいスジが入っているのがみえますか?

これは、セラミックディスクフィニッシュの跡です。

ストーンのストラクチャーが入っているのではありません。


02July09000000000000005.jpg

このセラミックの仕上げは、優れもので。

ソール面のビベル、

サイドのエッジの角度が

バッチリ正確に仕上がるのですが、

いかんせん機械仕上げ。

刃物は、機械仕上げより手仕上げの方が、

滑らかなのに、するどくキレます。


02July09000000000000006.jpg

キレているじゃないよ。

滑らかなので、ずらしやすく。

するどく仕上がっているので、

エッジの反応がいいのだよん。

滑らかなのは、機械仕上げではどうしてもバリがでるんすよね。

セラミックで仕上げても、どうしてもバリが残り、

引っかかる感じが残るんだよね。

ま、サンダーとかの仕上げよりは格段にいいんだけどね。

てんちょ~推薦は、

ソール面側はセラミックで仕上げて、サイドは手仕上げ。

これ最高です。

もちろん、てんちょ~もこの仕上げで乗ってます。

実は過去に1回だけ無精して、

届いたおニューのスキーをエッジもいじらずに、

ワックスだけして滑りに行ったんだけど、

春だったんだけど雪が降ってて、

ちょい新雪5センチだったのね。

エッジが引っかかって滑りづらかったのでした。

ちゃんと準備しなきゃね。



写真は、小賀坂のKS-TE。

お客さんの板です。

シーズンも終わり、チューンに預かったものです。

ソール面もエッジも、

そうとうくたびれてましたが、

綺麗になってるでしょ。


ちなみにこのエッジで、

鉛筆が削れます。




関連記事

Appendix

プロフィール

てんちょ~@eskimore

Author:てんちょ~@eskimore
******
ブーツチューンのエスキモーの
てんちょ~のぶろぐへようこそ。
ブーツチューンのねた、
インソールのねた、
足のねたなど
日々の足ねたをアップしていきます。

ブログランキング

ブログランキングは、
右こぶしに全体重をのせ
まっすぐ
目標をぶちぬくように
打つべし!
人気ブログランキングへ

ブログの突破口を開く為、
あるいは敵の出足を止める為、
左パンチを小刻みに打つ事。
この際、
肱を左脇の下から放さぬ心構えで、
やや内角を狙い、
えぐり込むように打つべし。
正確なジャブ三発に続く左パンチは、
その威力を三倍に増すものなり。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ

こよみ

ねたをあげた日
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別ねた!

てんちょ~にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予想


-天気予報コム- -FC2-

携帯さ~ん!

QR
携帯でネタをみる!

お世話様で~す。

go to eskimore home !

いらっしゃ~~い

since 2006-07-20 18:01:39

今いる人

今日のかぐら&田代だよ!

検索フォーム

RSSリンクの表示