Entries

Structure !!


板のチューンを仕上げました。
ストラクチャーはストレートの細かめ。

まず、ソールの傷をリペア。
次にサンディ
ング・・バフがけ。
サイドのエッジを機械研ぎ。
最後にストーンのマシンでストラクチャーを入れます。
ここがまでがマシン仕上げ。


02Oct070001.jpg

その後が、エッジの研ぎなおし。
もちろん手仕上げね。
ファイルを持って仕上げます。


02Oct070002.jpg

この板はスノーボードのアルペン用。
エッジは鋭角に鋭くとのリクエスト。
なので、サイドは87度。ソールのビベルは1度。
ファイルガイドで角度を合わせ研いでいきます。
まず粗めのファイル~~細かめのファイル。
最後に砥石でバリを調整します。
今回の砥石はアルカンサス仕上げ。

もちろん、スキーの板も同様に仕上げます。
スキーのほうがストラクチャーの種類がたくさんあります。
エッジの仕上げも、セラミックディスクフィニッシュ+手仕上げというのもあります。

続きは店内の近況です。


たまったインソール達。
左のインソールは、シダス・コンフォーマブルの
ナチュラル・フィット・サンダル用のインソールです。
通常のそれとはちょいと違い、
モジューロ・コンセプトのパーツが追加されています。


02Oct070003.jpg

右の3組はスキー用。左から2つ目はシューズ用。
スキー用のインソールにはブロック加工をします。
シューズ用にも特別にブロック加工しました。

これからブロック材のサンディングの作業をします。
裏のブロック材を削って形を整え、
サイドの角度も合わせ。
最後にサイズの調整をします。


02Oct070004.jpg

で、このシューズ用のインソール。
土踏まずのちょいと前。なんか猛烈にでっぱっているでしょ。
横アーチの矯正用の出っ張りなんです。
中足骨パットと呼んでいます。
開帳足に対応してます。
こんなに出っ張っていて大丈夫なんでしょうか?

もちろん、ご本人のご希望でここまで大きくなってます。
だから大丈夫なんですね。
ご本人曰く”なれてるからね!”なんですと。


02Oct070005.jpg

最後はシェルの熱加工の図。いわゆるシェル出しってやつですね。
ただ拡げているのではなく、シェルそのもののカーブを変えるのです。
だから”シェル出し”ではなく”シェルの加熱での加工”となりますです。

ここのところ、ディアブロさんが多発していますが、
てんちょ~のシワザではありませんので、念のため。
関連記事

Appendix

プロフィール

てんちょ~@eskimore

Author:てんちょ~@eskimore
******
ブーツチューンのエスキモーの
てんちょ~のぶろぐへようこそ。
ブーツチューンのねた、
インソールのねた、
足のねたなど
日々の足ねたをアップしていきます。

ブログランキング

ブログランキングは、
右こぶしに全体重をのせ
まっすぐ
目標をぶちぬくように
打つべし!
人気ブログランキングへ

ブログの突破口を開く為、
あるいは敵の出足を止める為、
左パンチを小刻みに打つ事。
この際、
肱を左脇の下から放さぬ心構えで、
やや内角を狙い、
えぐり込むように打つべし。
正確なジャブ三発に続く左パンチは、
その威力を三倍に増すものなり。
にほんブログ村 スキースノボーブログへ

こよみ

ねたをあげた日
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別ねた!

てんちょ~にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予想


-天気予報コム- -FC2-

携帯さ~ん!

QR
携帯でネタをみる!

お世話様で~す。

go to eskimore home !

いらっしゃ~~い

since 2006-07-20 18:01:39

今いる人

今日のかぐら&田代だよ!

検索フォーム

RSSリンクの表示